政界引退すべき愚鈍な政治屋

 国の借金、過去最高に 3月末1071兆円


財務省は10日、2017年3月末時点の国債や借入金、政府短期証券を合わせた国の借金の残高が過去最高の1071兆5594億円だったと発表した。

16年12月末に比べ5兆1360億円増えた。借金が増えるのは5四半期連続。

日本経済新聞



国がかかえる借金が過去最高を更新した。

財政赤字、政府債務が大きいから、これ以上借金を増やすべきではない、政府は歳出を切り詰め財政再建に取り組むべきだというのがこれまでのそして安倍政権のスタンスである。

しかし、民主党時代そして自民党に政権が復帰しても借金は増える一方だ。そして国民所得も減る一方だ。

このままでは国が消滅しかねない状況である。

通常借金というのは、経済が好調な時は、インフレにより債務残高は自然減が起こり、借金をしてでも投資をしたほうが得になりバブル崩壊前までの日本の企業もそうやって企業運営が行われてきた。

しかし、バブル崩壊後の長引く経済の停滞、デフレにより借金は抱えてるだけで自然増が起こり、企業にとっては経営の重荷になり、借金をして投資するより債務の返済を優先して行ってる状況だ。

国の借金もデフレにより、何もしなくても増加する一方である。

この状況を変えるためには、景気回復策(財政により需要の追加)を実施して経済を安定成長させデフレから脱却させなければならない。

これは財政赤字を増加させるが、GDPの増加とインフレにより、対GDPの債務残高は確実に減っていく道だ。

つまりGDPが500兆円で政府債務が1000兆円でも、GDPが1000兆円になれば、対GDPの債務残高は200%から100%まで大幅に減ることになる。

これこそ今求められている政策である。

そしてこれを理解できてないのが安倍首相を始めとする現在の政治家の知能水準である。

結果、デフレにより借金は増え続けるし、国民も増税と経済の停滞にやせ我慢しつ続けるだけというお粗末な結果である。

景気回復策を妨害してきた人達(

ハイパーインフレ論者 車は時速何百キロも出るから怖いとアクセルとブレーキを適切に操作できない無能

デフォルト論者 言ってる本人たちがデフォルトを招く張本人



安倍政権にせよ、野田、菅、鳩山、麻生 福田、小泉

いずれも、一国の総理を担えない非力で愚鈍な政治家たちである。






人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)